カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問合せ お客様の声  サイトマップ

      つくり手の皆さんを紹介しています。 terradiart(C) 実際に盛付などをして使用している参考写真です。terradiart(C) 漆器の扱い方、保管方法などについて説明しています。terradiart(C) 漆工芸の用語と材料の説明 使用している木地の樹木写真、特徴などを紹介しています。 terradiart(C)  テラディアートについて terradiart(C) 特別商取引法の表示 terradiart(C)

    修理、塗直し、特注品についてご案内しています。 terradiart(C) 仕入れご担当者様 terradiart(C) ギフト包装のご案内です。 terradiart(C)

terradiart 国産漆

・椀


01120 01121 カフェ・オレ椀

『カフェ・オレ椀』です。

朝の漆器の温もり、滑らかな肌触りは最高です。
スプーンは、個人所有の谷口吏氏の匙作品です。



01121 カフェ・オレ椀 朱 31004 銀彩皿 銀月 冨樫 孝男作

カフェ・オレ椀は、茶の湯の形で言う所の”輪形(りんなり)”をイメージして作りましたが、漆器用語では、”まり椀”と言いいます。

汁もの、ご飯、何にでも、使えるように、デザインを壊さないようにしながら、口径の大きさに配慮しました。



31009 広口椀 欅 溜/黒 38001 萬箸 01128 箸置き 和紙目

欅木地の『広口椀』です。

さざえが、3個も入ります。

見栄えだけでなく、木地を守る為にも、この写真のように葉などを敷いてから、お使いになられると、使用できる範囲が広がります。

ご飯だと、かなりの量をよそっていただけます。

男性の方で、ご飯好きでしたら、この位のサイズが、ご飯椀には最適です。


31006 合鹿椀 朱色 40004 箸 和ごころ 01128 箸置き 和紙目

朱色の『合鹿椀』です。露光の関係で、かなり明るい椀色の写真になってしまいました。

合鹿椀は、石川県能登の合鹿地方が発祥の由来だそうで、室町時代からの名残がある高台が特徴です。

形状的に、いろんな使い回しができるので、器好き、お料理好きの方の定番椀です。

また、”オレの飯椀”として男性の愛好家も多い器です。



01124 子供用 拭き漆 3つ組椀 40010 箸 三つ星 国産材 国産漆 terradiart(C)



01124 子供用 拭き漆 3つ組椀 国産材 国産漆 terradiart(C)


子供用の『拭き漆 三つ組椀』の内の1客です。

お箸は、村上さんに作っていただいたオリジナルの『三つ星』です。

シンプルな拭き漆のお椀とお野菜の取り合わせは、和みますね。

写真集

ページトップへ